食事ができないこと、マスクをつけないと外出できないことがつらい

香川県高松市の

かみ合わせ専門歯科 吉本歯科医院の吉本彰夫です。

 

お越し下さったある患者さんのご相談です。

40f5e3c8753368560fb9b35b6ad2d1de_s.jpg

マスクをつけていないと外出できない

人前での見た目が気になる

口の中の多くの部分の歯が欠けたり抜けている

歯が抜けたままにしている部分がある

歯の根っこだけの部分がある

 

とにかく噛めないので

食事がつらい

食事が普通にできて

ちゃんと噛めて

外出する時もマスクをしなくてもいい見た目の状態に

して欲しい

ということでした。

 

知人に聞いたりネットで調べたりした後

吉本歯科医院に予約の電話をするのに

かなりの時間、悩みましたと教えて下さいました。

 

初回でご挨拶させて頂いた時

患者さんは

「とにかく、口の中が悪すぎて申し訳ありません。

ごめんなさい

と何度も謝られるんです。

 

ずっと悩まれて苦しんでこられたお気持ちを感じて

私もなんともいえない気持ちになりました。

 

お口の状態を詳しく診させて頂きました。

 

たしかに多くの歯を失ってこられています。

 

しかし、決して患者さんがおっしゃられるように

「ご自身が歯の手入れをしてこなかったから」という理由だけでは

ないことがわかりました。

 

多くの歯を失い

悩みに悩んで吉本歯科医院にお越し下さる患者さんは

みなさんご自分をとても責めてしまわれる方が

多いのです。

 

「私がもっと若い頃からちゃんと治療しておけばよかった」

「私がもっと歯みがきを真面目にしていればよかった」

とおっしゃられます。

しかし、バイキンだけが原因で

歯を失っているわけでは、ないのです。

 

決して患者さんご自身が歯みがきを怠ったから

という患者さんの責任だけではないのです。

 

まずはそれを知ってほしいのです。

 

もし、同じように

噛めない

見た目が恥ずかしい

多くの歯が抜けたりかけたりしている

ということで長年お悩みの方は

どうかおひとりで決して悩み込まないでください。

まずはご相談下さい。

初診問い合わせ・無料メール相談

長年お悩み苦しんでこられた患者さんも

「思い切って相談してみてよかった」

と治療後の今では

家族と一緒に食事ができる

ちゃんと噛める

人前で思い切り笑える

という状態になり

質の高い人生をお過ごしです。

 

どうぞご安心なさって

ご相談くださいね。

 

 

さて、

歯が折れる

歯がグラグラする

歯が揺れてきた

虫歯になる

被せものが取れた

詰め物が外れた

歯がしみる

歯周病が悪化した

これらの症状を引き起こす根本原因となっているのは

口の中のかみあわせ異常

です。

歯周病菌だけが原因で歯周病になっている場合には

しっかりとお口の中の菌を減らすことで

これ以上悪くならないように維持することができる可能性もございます。

saikin.jpg

「歯周病で歯を失った」場合には

そもそも今回歯周病になられた根本原因

まずは

きちんと突き止めることが大事です。

 

 

歯周病によって骨が溶ける原因は2つです。

1、口の中の細菌によるもの(細菌感染)

2、噛み合わせから起こる「破壊的な力」(外来的要因)

今まで掃除をきちんとしているにもかかわらず歯の揺れがとまらない、

のであれば

1、ではなく、2の噛み合わせから起こる問題

または1、2の組み合わせが原因であることが多いです。

 

 

 

原因2の、かみ合わせからくる破壊的な力をお話します。

domiojpg.jpg

重たい物を持つ、

重たい物を支える、

というふうに考えていただくと分かりやすいです。

一人で重たい物を支えるよりも

二人、二人よりも三人、三人よりも四人のほうがいいわけです。

nakamas.jpg

それぞれの一人に対する負担が減るわけです。

 

歯の数は親知らずを除くと28になります。

koukuu6.jpg

親知らずを含めると32になるのです。

 

そもそもなぜ神様がこのように人間に歯を多く作られたのか?

歯がそれほど丈夫なものであれば、そんなに本数いらなかったのではないでしょうか?

 

つまり人間の食生活においては28本は必要だと考えて、28本作られたのだと思います。

ですから

すでに歯を抜かないといけないということになった

ということは本数が減るのです。

 

重たい物を運ぶと思って下さい。

例えば車で運ぶ場合、タイヤは4ですよね。

car.jpg

では次に

4本のタイヤの普通の車には乗せられないような大きな物、重たい物を乗せると思って下さい。

トラックやトレーラーなどタイヤがいっぱいなもので運びます。

trac7_s.jpg

その大きなもの、重たいものを車の上にポンと載せてみたらどうでしょうか?

タイヤが悲鳴を上げますよね。

パンクしますよね。

pank_s.jpg

お口の中の歯も同じことが起こっているのです。

 

 

すべて噛む為の道具なのです。

噛むための

ご自身の歯

被せ物、

ブリッジ、

入れ歯(義歯、総義歯)、

インプラント、

すべて道具なのです。

 

本来受け持っている力以上の力を受け持つと

簡単に壊れてしまうのです。

kosyou.jpg

歯がグラグラしている。

歯周病で歯を抜いた後どうすればいいのか

というご質問をよくいただくのです。

gura.JPG

歯がグラグラしているというのは歯が動いているということですよね。

何か噛んだ時、歯は動くんです。

 

というこうとは、それは力を支える能力が実はあまりないんです。

弱いんです。

つまりどういうことか?

車でいうとタイヤがパンクしている状態だということです。

当然パンクしているわけですから、ないのと同じです。

残っているタイヤに負担がいっているのです。

トラックやトレーラーでないと運べないような物、重たい物、大きい物、それを普通の車にポンと載せたら耐えられないわけです。

domiojpg.jpg

確かに車でも重たい物を運べるのかもしれない。

 

でもそのような限度を超えたような物は運べないのです。

 

言うなれば、車で運べる荷物の量は限られている。

トラックやトレーラーでないと運べないような物はそもそも運べないのです。

 

運ぼうとすると次々壊れていくのです。

歯周病と診断された方

歯を抜かないといけない診断された方

すでに多くの歯を失ってしまった方

まずは、

ご自分が「歯を抜かないといけないと診断された」根本原因

歯周病だと診断された根本原因を

お知りになって下さい。

歯を抜かないといけない

と診断された方は

まずは、ご相談下さい。

現状をきちんとお知りになる、それが最も重要なことです。

安心してお気軽にご相談下さい。

噛めない、マスクをしないと外出できない、入れ歯やブリッジで噛めないなどお口のことのお悩みございませんか?まずは安心してご相談下さいね。